コピー機のレンタルについて

会社にコピー機を導入する際、コピー機は高額であるため、これまでは「リース」というのが多い選択でした。しかしその環境が変わってきています。業務のIT化が進むにつれて、コピー機はプリンター・ファックス・スキャナーと統合した「デジタル複合機」へと進化しています。会社では多様で高度なニーズに応えるコピー機が必要になり、そこへ「レンタル」という選択肢も加えることで、さらに有意義な使用が可能です。

レンタル期間は1ヶ月からのプランがあり、様々な用途や状況に合わせて考えられています。機種のラインナップも豊富なので、ニーズに合わせて選ぶことが出来ます。レンタルするという発想は、必要なモノを必要な時にだけ「有効に活用する」という考え方です。レンタルはリースより契約期間が短いため、自由度が高く、活用範囲が広がるところも魅力となっています。

例えば選挙に出馬する時や、新規プロジェクトの間だけや、高いセキュリティ機能のコピーが必要になった場合などの利用法があります。リースより短期間の利用が可能なだけでなく、いつでも解約できるところもメリットです。その便利さの一方、リースに比べて費用が高くなるという側面もあります。搬入・搬出費が必要になることも多く、ある程度の出費は計算に入れておかなければなりません。

コピー機の導入には、レンタル・リース・購入の3つがありますが、それぞれに特徴とメリット・デメリットがあるので、理解した上で選択することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です