コピー機レンタルとリースのどちらを選ぶべきか

コピー機レンタルは、短期から中期の利用に適しています。安いところはおおむね1万円前後で利用可能で、それでいて性能の高い業務用のコピー機をレンタルすることができます。業務用のコピー機は個人が利用する物と比較して性能が高いのが特徴ですが、値段が高いのがネックです。だからと言って家庭用を導入しても、業種によっては使用に耐えられない場合も少なくないです。

そこで丁度よいのがレンタルで、初期費用を抑えることができます。そして、余裕が出てきたらリースという使い方も可能ですし、セミナーや研修などの間だけ利用するのもOKです。中途解約は違約金などがかからないのが普通なので、無駄なく活用することができます。逆に、数年単位の長期で利用するなら、レンタルだと割高になります。

この場合はリースを活用するのが良いでしょう。リースは自分の物にならないですが、毎月の料金は割安になり、リース期間終了後はまた別の機器をリースすることを繰り返していけば、お得にコピー機を使うことができます。購入の場合は自分でメンテナンスしなければなりませんし、買い替えもしなければなりません。また、資産として扱われるので減価償却をしなければならないなど、会計処理も大変です。

その点、リースはレンタルと同じように経費処理ができるので面倒ではありませんし、長く使うならお得です。このように、使い方によってどちらが優れているのか変わってくるので、コピー機の利用スタイルに合わせて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です