メンテナンスも楽なコピー機のリース

業務用で使うコピー機はリース契約によって、より便利に活用できます。契約金額の相場は機種や期間、連続印刷枚数などにより異なりますが、月間印刷枚数が多い場合はリースにしたほうが利便性が高くなる可能性があります。コピー機を自費で購入した場合、トナー交換などを含めたメンテナンスもすべて自力で行うことになるでしょう。毎日事務処理で大量の印刷をする、会議の資料や社内用の書類、取引先に提出書類まで幅広くコピーを使っているなら、メンテナンスの手間が省けて印字の掠れなどの不具合もなく、いつでも快適に利用できるリースを検討してみることをおすすめします。

コピー機のリース契約とはどのようなものでしょうか。一般的に借りたコピー機は貸し出し元となる会社のもので、借り主のものにはなりません。あくまで貸与されているものとしてあらかじめ認識しておく必要があります。貸してもらいたい機種を貸主となる会社が購入するファイナンスリースでは、複合機が多く取り扱われています。

多くの場合、契約途中での解除はできないことを承知しておきましょう。途中で解約する可能性があるならオペレーティング形式もおすすめです。ファイナンス形式とは異なり、契約完了後にコピー機は売却か再度貸し出しされるため、値引き金額での契約ができるほか、中途解約も可能です。ただし契約によっては途中での契約が不可だったり、割引料金がなかったりといった可能性もあるため、事前確認が必要です。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です