コピー機はリースとレンタルどちらを選ぶのか

ビジネスには印刷物は欠かせない存在です。印刷物を用意するには業務用のコピー機や複合機が役立ちますが、業務用のコピー機は高性能なものの、高価なものが多く購入で用意するのは厳しいものもあります。より無理のない導入をするならリースやレンタルも検討してみましょう。短期間だけ使うのであれば、レンタルが向いています。

数日など短期間から利用できますし、好きなタイミングで解約もできます。とはいえ、借りられる機器は中古がほとんどになりますし、長期的にレンタルを続けると使用料も意外と高くなるので注意が必要です。コピー機を長期的に利用するのであれば、リースのほうが向いています。リースは、途中で解約することはできませんが、新品の最新機能の機器が選べるのがメリットです。

レンタルでは審査の必要なく利用できますが、長期的に支払いを続ける必要があるリースは審査が行われることがほとんどです。それ故、申し込んだからといって、必ず利用できるわけではないことは理解しておきましょう。初期費用や導入費用もなく、毎月の料金も固定されているのでコスト面が把握しやすくなっています。購入した場合は固定資産税を支払う、減価償却をするなどの手間もありますが、リースでは所有権はありませんので固定資産税の発生もなく減価償却も必要ありません。

途中解約はできないので、短期利用には向いていませんが、長期的ならレンタルよりもお得です。使用する期間によっても選ぶサービスは変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です