【コピー機のリースとは】契約のメリットについて

コピーは、FAXなどとして使える機能でしたら昔からありましたが、今はパソコンと連携してプリンタースキャナーとして使えるというようなコピー機も非常に多くなってきている傾向があります。何しろカラートナーでかなりスピーディーだ印刷が可、能、になるためプリンターやスキャナーを改めて購入するよりもこの一台に集約させてしまっているコピー機を導入した方が生産性がアップすることが間違いないと認識されるようになってきているのです。さらにはスマホなどを使って遠隔地からそそそそそしていくなどということも簡単にできますし、全く別の場所で撮った画像を送信して印刷することなどもあっという間に行うことができるということも今のコピー機の特徴として言えます。大画面のタッチパネル操作で簡単に操作ができるのも大きな特徴です。

そのような高機能コピーを導入する際に問題となるのは初期費用をどのように捻出するかという問題ですが、実はレンタルやリースサービスが多く登場してきているため、そういった問題もほぼなく手、軽に導入していくことが可能になっています。リースのレンタルもどちらも貸出という意味では変わりませんが、貸出期間の長い4をリースそして1年未満の短い貸し出しをレンタルと呼びます。一時的なイベントなどでコピー機が必要となっているような場合であれば、レンタルで十分ですが、日常的に使うコピー機をお求めならば期間の長いリースサービスを使った方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です