コピー機は非常にリースが多い

昔はコピー機といえば、一つの財産でもあったほどです。それほどに高額である商品であったわけです。資産といえるほどの価値があるわけです。つまりは、買うのが大変である、ということでもあります。

そこで多くなったのがリースです。コピー機が重要なのは言うまでもない状態といえます。使っていない企業はないといえるほどの機能です。コピーのみならずファックス、データ送信まで付いている場合もあります。

それはよいですが、そうした多機能のコピー機はどうしても高価になります。だからこそ、リースを活用するわけであり、リース業者はいくつもあります。意外と借りること自体は安い場合が多いです。何故かといいますとそれは他のところで利益を出しているからです。

それがインク代であり、コピー機のレンタル、リースにおいて最も利益が出るのがインク代です。どこのインクでも良い、と言う契約のときもありますが、その場合は機体の価格は高くなります。機体を安く買うことができるのは、インクをそこから買うからです。そうしだビジネススタイルになっていますから、注意が必要です。

別に極端に損をしているわけではないです。リースによって、利益を得ることができるのであれば、それはよい活用法であるといえます。買うのは色々とデメリットがあります。自分の物になりますが、どうしてもどんどん劣化していき、型落ちになります。

借りるのであれば、常に新しいコピー機を借りられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です