コピー機をリースで利用する際の注意点

仕事で欠かせないアイテムとしてコピー機があり、単純にコピーするだけでなく印刷やFAXにスキャンなど様々な機能が搭載されているタイプもあります。1台あるだけで仕事を飛躍的に助ける事ができるので、仕事の内容にもよりますが欠かせない電子機器です。ただし購入するには費用面を考慮すると割高な事も多く、なかなか複数台購入などが難しい企業もあります。その場合にお勧めな方法の1つとして、コピー機をリースで利用する方法です。

長期的であれば月額の費用を支払う事で、安定して使用する事が可能です。ただし利用する上で把握しておくべきポイントとして、契約自体を途中で解除できないという点があります。リースの場合は長期的な契約が基本のため、数ヵ月からす年単位ので契約が必要です。もちろん契約期間中問題なく使用出来ればよいですが、企業側の都合によって契約解除を希望しても途中解約はできないのがリースの特徴ともいえます。

契約期間中に解約を希望する場合は契約した期間内での残積の費用の支払いが発生するので、その点をしっかり考慮する事が大切です。その他にコピー機を直ぐに利用できるというわけではなく、リース会社側の審査が行われます。長期的に使用するからこそ支払い能力の有無も含めて、契約してよいかどうかのチェックが行われます。その他であれば長期的な使用が続く場合は、総額すると購入した時よりも割高になる可能性もあるという点です。

そのため使用する際は年数なども踏まえて、購入費用も踏まえて比較する事がポイントとなります。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です