コピー機のリースと購入比較

コピー機の導入する際にリースする場合と購入する場合があります。コピー機を購入すると利用期間や中途解約といった縛りがなくなり、新品か中古かなどハード面での縛りもなくなります。しかし、自由度の多い反面、初期費用が多くかかってしまうというデメリットがあります。一方で、リース契約は契約期間や機種の選択などの制約はありますが、初期費用が安く、経費計上できるため、コスト面でのメリットは大きいと考えられます。

さらに、メインテナンスも請け負ってくれる場合がほとんどなので、数年単位の契約であればメリットは大きいと考えられます。コピー機の導入は、リースにしても購入にしても、高額な費用が必要となります。企業の状況によって一概には決められない部分があると思いますが、資金面から考えていくと資金繰りに不安がある段階であれば、高額な初期費用がかかってしまう購入より、初期費用が安く抑えられるリース契約を選択するのが良いのではないかと思われます。また、リース契約よりも手軽にできるのがレンタル契約です。

レンタル契約は、短い場合は数日から借りられますし、契約期間を短縮し、途中で解約することも可能です。また、審査の必要もないため、導入スピードは非常にスムーズです。しかし中古品の機種がほとんどで、長期間の契約となると、結果的に費用が高額になる場合がほとんどなので、期間によってはコストがかさんでしまう場合もあるので十分検討して導入することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です