コピー機をリース契約するメリットとは

会社やオフィスにないと仕事に支障がきたすと言っても過言ではない重要なビジネス機器のひとつに、コピー機がありますがそれを導入する方法にリース契約があります。そんなコピー機のリース契約をした場合のメリットがいくつかあります。具体的には、先ず初期費用を安く抑えることが出来ることが何と言ってもコピー機をリースする大きな利点だと言えるでしょう。実際に機器を購入するとなると、かなりの高額となり多額の資金を用意する必要があります。

合わせて、銀行などの借り入れなどと比較した際にも、審査自体がかなり簡略化されており、割合気軽に申し込みすることが出来ることも利点です。また、毎年最新型の機器が誕生し、その値段も比較的安いものから高額なものまで様々ですが、やはり安めのものや年数が経ってしまっているものは機能面において劣るものが多いことも少なからずあるものです。ですが、コピー機のリースをすることで、最新型のものに交換してもらうことが可能であり、大きな魅力点に挙げられます。さらに、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどの面倒でややこしい計算や作業をする必要がないので、申告や決算の際に気の重くなるような事務処理がなくなるという経理面においての大きなメリットがあることも見逃すことが出来ません。

その他、コピー機をリースした場合には、機器が故障したり不具合が起こった時に、交換なども丁寧に対応してもらえることが多いのも安心点だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です