多くの企業でコピー機がリースされる理由

近年多くの企業ではペーパーレス化が進められていますが、まだまだ紙に印刷された文字情報はビジネス上で欠かせない存在となっています。ビジネス上で欠かせないOA機器は複数ありますが、その中でも特に多くの企業で導入されているのがコピー機です。一般的にコピー機を社用として導入する場合はレンタルもしくはリースを選ぶことになり、多くの場合がリースを選択している特徴を持っています。これから導入を検討しているという場合は、それぞれの特徴とどうしてリースが選ばれているか知っておくと自分のビジネススタイルにあわせた方法で利用することが出来るようになります。

まずリース契約とは事業者が物件を購入した上で他の企業にその物件を貸与するサービスを指します。様々なものが物件として提供されており、ビジネスの場ではコピー機や複合機をはじめとした事務機器も提供されている特徴を持ちます。この契約を締結すると契約期間を通じて料金を支払い、この時の料金設定は提供する事業者によって違いがありますが物件の購入費を分割した上でさらに手数料が上乗せされる料金設定が一般的となります。そのためこの契約は物件を分割払いで導入する方式となります。

そのためメリットはコスト面が明確で、経費として計上しやすく毎月の費用が固定されるのでランニングコストとして把握しやすい点にあります。レンタル契約の場合短期間で物件を使用したい時やいつでも解約出来るメリットがある反面、初期費用が高額な特徴があるため長期利用を目的としているなら、こちらの契約方法の方が初期費用もなくコスト面でお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です