コピー機をリースすることで得られる良いこととは

どこの事務所でも、必ずといっていいほど設置をされているのがコピー機です。たくさんの書類を用意する現場では必須アイテムで、短時間で何百枚という印刷物を作り出すことが可能です。日本では1970年代までは活版印刷が主流でしたが、1980年に大手企業がコピー機を開発して以来、事務用品の筆頭に君臨をしています。以前は各会社でコピー機を購入するのが当たり前でした。

ところが1台あたり約70万円もする高級品であるため、一度買ったあとは何十年も同じものを使い続けていたわけです。機材は日進月歩で新商品が販売されており、そのまま古い機種を使い続けるのはメリットがありません。そこで活用をしたいのがリースサービスです。ここでは簡単にリースサービスで得られる良いことをご紹介しましょう。

まず際立ってることは、初期費用が少なくて済むということです。大半のサービス会社で月額定額制度を採用しており、その価格は1000円前後です。リースをするということ借りているということになり、メンテナンスも実施してくれます。さらにおすすめのメリットが、逐一新製品に取り替えてくれるという点です。

各プランによって導入されるものは異なりますが、事務用品として導入をなさっている時はその都度効率のいい機材に取り替えてくれます。少ないコストでいつでも新製品を利用できる点が、コピー機のリースを利用することで得られるメリットになることがわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です