コピー機はレンタル、リース、購入どれがいいのか

オフィスなどで使用するコピー機を準備するにはレンタル、リース、購入など様々な方法があります。それぞれの方法には異なるメリットがありますので、状況に応じて選択することが必要です。短期間の使用が目的ならばレンタルがお得です。1年未満の短期使用ならば最も費用がかかりませんし、中途解約も無料もしくは違約金を支払って可能となっています。

今後最新機種の購入などを検討されている方にとっては、それまでの期間はレンタルを利用することが得策です。またレンタル料のみを全額費用計上するだけで良いので、事務処理の面でも負担がありません。デメリットとしては機種の選択が限られている点です。そのため最新機種を使用したい方には不向きかもしれません。

リースとはリース会社がコピー機を購入してその費用をリース契約に基づいてリース期間に全額支払うことです。メリットとしては機種の選択が自由なことと、月額支払い料金が月々のレンタル料よりも割安なことです。またリース期間満了後は契約によってはコピー機の所有権を手に入れることが出来ます。しかし中途解約が不可ですので、もし不用になった場合でも残債は支払っていかなければいけません。

一括で購入すれば総支払額は最も抑えることが出来ます。しかし当然コピー機の代金は購入時に全額準備しなければいけませんし、処分には自己負担が発生します。このようにそれぞれの入手方法にはメリットとデメリットがありますが、まず考えることはどのくらいの期間利用する予定があるのかということです。それによって選択する方法は限られてきますし、後は月々の負担と全体の負担を考えて決める必要があります。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です