一時的な利用ならコピー機レンタルが便利

建設現場に仮設のプレハブを建築して作業員の休憩所や事務所を作ることが多いものです。この事務所は建築物が完成するまでの間と言う期間限定の仮設の事務所であり、建築物が完成する事で取り壊しをします。また、建設現場にはこのような事務所を毎回作ることになるのが特徴で、その都度事務所内にはコピー機が導入されることになります。コピー機は業務を行う中で無くてはならない存在になっています。

契約書の写しを取る時、パンフレットなどをコピーする時、図面のコピーをとって説明をする時など利用する場面は多く有ります。そのため、建設現場に作られた事務所内にも一時的にコピー機が必要になってくるわけです。このような場所では、リースを利用して導入をしてしまうと、コストが高く付いてしまい、経費を圧迫する事からもレンタルを利用する会社も増えています。建設現場の事務所は一時的に作られるものですので、建物が完成すればコピー機は不要になります。

それ故に、一定期間だけ利用出来るレンタルが便利なのです。因みに、リース契約はリース会社と契約を交わし、リース会社がメーカーなどから購入したものを貸して貰って利用する事になるのが特徴です。そのため、一見レンタルと同じように思えるのですが、リース契約の場合はコピー機を利用しない時もお金を払う事になりますので一時的な利用では割高になる事も有ります。これに対し、レンタルは利用する期間だけ使えると言うメリットを持つ事からもニーズに合わせてレンタルやリース契約を考えることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です