コピー機をレンタルするのにメリットが出る条件とは

コピー機のレンタルはリースよりもお得などと言いますが、これは利用する会社の業種や利用する場所に応じて変わることになります。一般的にコピー機は会社のオフィスや事務所の中でコピーをする目的で導入をしており、会社の外に持って行くと言うケースは少ないものです。また、会社の外に持って行ってしまえば、社内でのコピーがとれなくなり不便な状態になりかねません。そこでコピー機を2台用意する事で、社内で利用するものと社外に持ち出すものを分ける事が出来るわけです。

但し、2台所有すると言っても経費が掛かることになりますし、社外に持ち出すものは定期的に利用するのであれば、オフィス内に2台導入するのと同じような感覚で利用できるので損にはなりません。しかしながら、外に持ち出すのがそれほど頻繁ではない場合には、導入する事でのコストは割高になってしまいます。コピーをその都度とると言った目的で利用する分にはコストも割高になりませんが、たまの利用でリース契約などで導入していたのではコストが高く付いてしまうわけです。そこでレンタルの方が安く済むと言う事になるのです。

レンタルは利用する時だけ借りる事が出来ますので、たまにしか使わないような利用頻度の場合はリース契約よりもレンタルの方がお得と言う事になります。それに故に、リース契約するよりもお得だと言われているのです。このことからも、利用目的や利用頻度に応じて、どのような導入をするのかを決める事が経費節減に繋がってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です