印刷用紙の種類について

思い通りの仕上がりにするためには、目的に応じた用紙を使うことが大切です。用紙には様々な種類があります。まずコート紙です。コート紙には表面にコート剤という顔料を付けて、機械で均一に加工が施されています。

裏面と表面の両方になめらかなツヤのある光沢が特徴的で、写真などが高画質で印刷されます。色を鮮やかに表現できるので、カラー印刷でも活躍します。高品質を実現する用紙です。ただし筆記性が低いので、ボールペンや鉛筆で描きこむことはできません。

次にマットコート紙です。しっとりとした質感が人気で、コート紙と比べると光沢が少ないので、半光沢紙ともいわれます。発色の良さはコート紙に劣っておらず、インクの沈みが少ないので、ボリュームのある仕上がりです。光沢が少ない分、コート紙のツルツルした性質を補い、ペンでの書き込みに向いています。

そして上質紙は、一般的なコピー用紙と同じような質感を持っています。表面と裏面がコーティングされていません。光を反射しないので、文字が読みやすいのが特徴です。書籍など文字を多く使う印刷物に用いられます。

ただしインクのにじみが出るので、多量にインクを使う場合には不向きです。コートアイボリーは、両面に白色のコーティングが施されています。高級白板紙で、微光沢があります。さらにツヤありグロスPP加工をすることもできます。

ハガキくらいの厚みがあり、化粧品などのパッケージや図鑑の用紙として使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です